綺麗な家

不動産仲介会社の選び方についての考察です

家を購入する時には不動産会社へ行く必要があります。不動産会社に仲介してもらわずとも自分でする方も希にいます。しかし煩わしい書類やお金の引き渡し、瑕疵によるクレーム対応など素人には到底真似はできません。不動産会社と言ってもテレビコマーシャルで有名な大手から小さい街にある小規模なものまで不動産会社に違いはありません。家を購入する立場からは特段明確な違いはないのです。
特に契約や重要事項説明書なども法律に乗っ取って行うため問題はありません。物件数も不動産業者で共有できるデータベースがあるため全国どこの物件でも紹介可能です。大手の良さは購入した後の保証が充実している傾向があります。仲介手数料の値下げをしない代わりにあの手この手で競合とのシェア争いを繰り広げているからです。
一方小規模の不動産会社の中には保証がない代わりに仲介手数料の値引きがあるケースも実例として存続しています。仲介手数料は上限が3%+6万円と決して安くありません。買値が3000万円のマンションですと100万円近い金額か必要になるのです。不動産会社によっては仲介手数料の割引を前提とした広告戦略をとる会社もあるため自分に合った会社を選ぶのが良いでしょう。

トピックス

コンテンツ一覧