綺麗な家

不動産を売却する時の方法で仲介がいいか買取がいいか

家やマンションを住み替えようと思った時にその家やマンションは売却することになります。しかし、家やマンションを売却したことが無い人はどのうように売却していいか分からないはずです。個人で売却することも出来ますが、一般的には不動産会社に売却を依頼して売ってもらいます。ただし不動産会社には、売却を依頼する時に買取と言う方法と仲介という方法があります。よく車などは買取業者に買取ってもらうという人がいますが、不動産の場合には一般的には仲介が一般的です。
買取の場合には業者が売り主から直接買取ってくれる形ですが、仲介の場合には市場価格で物件を売り出し買主が見つかるまで売れないので現金を手にするのは遅くなります。しかし、買取の場合には業者がすぐに買取ってくれますが、市場価格より安い価格で買取るので仲介に比べて安い価格で家やマンションなどを売ることになります。すぐに現金が必要な場合には、買取にした方が早く現金を手にできるメリットがあります。しかし仲介に比べて安い買取価格になるので、時間に余裕がある場合には仲介を選んだ方が高い値段で買取ってもらうことが出来ます。多くの業者があるので、信頼出来る業者を選ぶことが大切です。

トピックス

コンテンツ一覧